建築家のデザインする狭小宅地住宅

あなたと設計事務所で創る世界に一つだけの自由設計住宅

狭小宅地住宅とは?

狭小宅地住宅とは、限られた大きさの土地(狭小な土地)の上に建てられた住宅のことを言います。

狭小土地とは?

狭小土地は、元々面積が小さく価格が安い上に用途が限定されるため一般的には 資産価値の問題・敷地間口の広さ等、同じ地域の通常の土地に比べて地価(坪単価)も安い傾向にあります。 また狭小で尚かつ変形土地になっている場合も多いため、 さらに地価が安くなるケースが多いです。このため、特に地価が高い都心部において 、眠れる土地も数多く存在しており、安価に住宅を取得する手段として、 狭小地に建てられる住宅が近年では脚光を浴びています。

狭い敷地を狭く感じさせないために大事な構造駆体(建築構造を支える骨組みにあたる部分のことで、基礎、基礎ぐい、壁、柱、小屋組、土台、斜材【筋かい等】、床版、屋根版又は横架材【梁など】などをいいます。)は設計段階の時から、 どうやれば施工的にもスムーズにいくかを考えなければいけません。 そこを失敗するとコストバランスが悪くなりトータル的に建物金額が高くなる可能性があります。 デザインを自由に効率よく可能にするために、また採光・通風・収納・開放感の演出をより効果的に行うために、 自在な設計を可能にする高強度の構造躯体が必要となります。
現在よくメディアや雑誌で掲載されている狭小住宅は鉄骨住宅が採用されていることが多く、 工法の独自の良さを用いて大空間が作られます。 しかし、費用の面では高くなりやすい為、予算の配分が必要になることもあるかもしれません。 しかし、近年の木造住宅設計手法は向上し、ある程度の規制はありますが予算的には鉄骨と比べてリーズナブルな価格で建てることが出来るでしょう。 安全性が第一条件の住宅にとって科学的に証明した上で、ヨコ(水平)方向、タテ(垂直)方向ともに自由に設計できる強度を持った構造が、 特に狭小住宅には必要ではないでしょうか

お客様が主体に考える?

建築家の考えるデザイン、機能美だけでなくお客様の自由な発想を形にするために当社の建築家がともにその発想をカタチにしあなたの独自のオリジナル空間が出来ることでしょう。


ブログ

  • 未来開発ブログ

ページリンク

  • 建築課のデザインする狭小宅地住宅
未来開発株式会社 MIRAI建築事務所

〒491-0872 愛知県一宮市平安1丁目3番12号
TEL 0586-81-6313 FAX 0586-81-6017


一級建築士事務所 愛知県知事登録(い)6548号
宅建取引業者免許証番号 愛知県知事(7)14875号
建設業許可 愛知県(般-7)第52892号